Wiegenlied

子 守 歌  (ブラームス)

Wiegenlied  (Brahms)

(マンドリン・アンサンブル、3'03"、MP3 : 2.8MB)
(写真は ウィーンにて)

    (独語) Guten Abend,gut' Nacht, mit Rosen bedacht, mit Näglein besteckt,
           schlupf unter die Deck'! Morgen fruh,wenn Gott will, wirst du wieder geweckt.
 
    (英語) Lullaby and goodnight, With roses bedight, With lilies o'er spread
           Is baby's wee bed. Lay thee down now and rest, May thy slumber be blessed.
 
    (日本語) 眠れよ 吾子 (あこ) 、 汝 (な) をめぐりて、 美 (うるわ) しの 花咲けば、
              眠れ 今は いと安 (やす) けく、 あした 窓に 訪 (と) いくるまで。

 
  ブラームス (1833-1897) が 友人の子の誕生を記念して 1868年 (日本では明治元年) に作曲、彼が慕ったと言われる クララ・シューマン (1819-1896)(恩師: ロベルト・シューマンの夫人)が ピアノ伴奏をして初演、そして楽譜出版直後から人気の高い、日本でも 堀内敬三による歌詞(上記) によって 皆さんよくご存じの歌です。
 
  4分の3拍子で、この編曲は ニ長調。 ゆりかごのように規則的に揺れる シンコペーション に乗って静かに始まり、やがて いとおしむように、あるいは何かを願うかのように 盛り上がりをみせる、ブラームスらしい ひたむきさのようなものも感じさせる、秀逸な子守歌ですね。 なお メロディーは、第1コーラスでは ギター、第2では マンドラ、第3では マンドリンに担当させています。
 
  当サイトには、ギターの演奏で、フリース作曲の 「モーツァルトの子守歌」 の他、上記の ロベルト・シューマンの 「トロイメライ」、タルレガの 「ゆりかご」 なども Upしてありますので、それらもお聴きください。