La Cumparsita

(写真は マドリッドにて)
 

ラ・クンパルシータ  (ロドリゲス作曲)

La Cumparsita  (Rodriguez)

(ギター二重奏、2'50"、MP3 : 2.7MB)
(写真は (写真は マドリッドにて)

  アルゼンチン・タンゴの定番といっても良いこの曲は、ウルグァイの首都:モンテビデオの大学生であった ヘラルド・マトス・ロドリゲス(1897〜1948) の 17才の時の作品だそうです。
 
  "クンパルシータ" とは "カーニバルの行列" の意で、そう言われればそうした曲として聞えなくもないですが、何はともあれ 歯切れの良い リズムに乗って "秘めた情熱" というか、"やるせなさ" といった情感に溢れる タンゴの魅力十分な曲で、ギターの合奏などにも様々に編曲され、演奏されています。