Greensleeves

 
ロンドン : ディーンズ・ヤードにて

グリーン スリーヴス  (イギリス民謡)

Greensleeves (English Folk Song)

(マンドリン・アンサンブル、3'09"、MP3 : 2.9MB)
(写真は ロンドン : ディーンズ・ヤードにて)

   A.  A las ! my love, you do me wrong,  To cast me off discourteously,
          And I have loved you so long,   Delighting in your company,   

   B.  Greensleeves was all my joy,  Greensleeves was my delight,
         Greensleeves was my heart of gold,  And who but my Lady Greensleeves.

  イングランドの代表的な民謡で、16世紀の エリザベス1世の時代にはすでに歌われていたそうです。 近年 ヴォーン・ ウィリアムズ (1872-1958) によって この曲と 「愛しいジョーン」 を組み合わせて作られた 「グリーンスリーヴスによる幻想曲」 も有名ですし、また ブラザース・フォアの ハーモニーも印象的ですね。
 
  "グリーンスリーヴス" とは "緑の袖" の服を着た女性のことで、この歌はその女性を恋する歌ですが、イギリスならではの 深みのある旋律や和音の進行が 忘れがたい印象を残します。
 
  4分の4拍子、ホ短調で、歌としては単に上記の A,B の進行ですが、ここでは A,A,B,B とし、さらに 内容を変えて それを繰り返しています。