タイトル

 2019年 1月 〜 6月 の 今月のひと言 .

 MIDI歴 30年  2019年 1月 1日

  今年は、4月末をもって 30年に及ぶ "平成" に区切りがついて、新しい "時代" が幕開けする、歴史的な年となります。 現天皇の退位に伴う、いわば人為的な区切りとはいえ、やはり日本人の生活習慣やその記憶からして、ひと纏まりとしての "時代" のもつ意味は大きいものと思います。

  一方 私事の話の方で恐縮ですが、"平成" の時代が始まる たまたま 2週間前に、当時流行し始めた MIDIハード音源セットを買って、以来それによる演奏を作り続けてきた その歴史も丁度 30年。...歳のせいか 大して昔のことのようには思えないことながら、平成生まれの人などからすれば "よくもまぁ、そんなに昔から..." と、大変なことのように思われることかも知れません。

  現に当サイトには その当時に作った後、ほとんど手を加えていない曲演奏も今でも多数あります。マンドリンや ギター曲を含めた クラシックの曲がほとんどである点が古さを感じさせない第一の要因と思いますが、30年前に ハード音源から聞こえていた音が、その後 安価な ソフト音源に発達したとはいえ、当時既に 今の MP3版 で聞えてくる音と区別がつきにくいくらい優れたものであった点が大きいと思います。

  もちろん音源は、実音に極力近いものを目指して人が作ったものなので、今も昔も その出来によって良し悪しは様々で、(一方 MIDI版 の方は、多分に商業的な思惑に左右されているのか、相変わらず総じて ひどい音のままですが)技術的には 30年前には作り手の感覚で良し悪しが左右されるほどの レベルまで出来上がっていたということは言えると思います。

  当時、インターネットがまだ未発達で、その後急速に発展を遂げたことを思うと、そもそも音楽など 人の感覚で作られる世界は、そうした技術、特に利便性などを追及する世界とは別のものということを、至極当然なことながら あらためて思わされます。

 アントン・ブルックナー  2019年 2月 1日

  今年に入ってから、これまで暫く聴いてなかった ブルックナーが恋しくなって、久しぶりに聴きました。 クラシック音楽にあまり馴染みのない方はご存じないかも知れませんが、コンサートで取り上げられる機会も多い、19世紀末頃の オーストリアの大作曲家 (1824-1896) (参照: ウィキペディア です。

  彼の 9番まである交響曲など、どれも長時間 かつ大編成のもので、私など一つの交響曲の1楽章だけでも MIDIで演奏を作ってみたいとは思ってはきたものの、入力の手間などを思うと 今後とも多分 叶わぬ夢でしょう。 ..."ブルックナー開始"、"ブルックナー休止"、"ブルックナー・ユニゾン" などという彼特有の流儀を表す言葉があるように、彼の交響曲など、愚直なほどの ワンパタ−ン、あるいは一種の マンネリ (?) 感がありますが、でも それほど ひとつのものに徹底した追及の姿勢・態度こそが 多くの人を引き寄せてきている最大の要因だと言えると思います。

  "ワーグナーに浸る" という言葉 (関連記述: 「ワグネリアン」) がありますが、分厚い金管の大音量、やはり金管などによる寂び寂びとした雰囲気は "ブルックナーに浸る" という言葉に置き換えても十分言えることだと思います。...そこで 「そうだったのか!」 と思いついたのですが、この 1月に 当HPで マンドリン・オリジナル曲で イタリアの マネンテ (1867-1941) の 「メリアの平原に立ちて」 を Upしましたが、曲の出来は比較にならないものの、そうした雰囲気に似ているところがあったから、多分 ブルックナーが恋しくなったのだと思いました。

 著作権 70年  2019年 3月 1日

  昨年末の 2018年12月30日に TPP (環太平洋経済連携協定) が発効し、著作権者の没後 50年だった著作権の有効期間が 70年に拡大されました。 多くの文化人などに異論の多い中、私も 2016年12月の この ひと言 「TPPと著作権」に書きましたように大反対ではあるものの、国家間のとりきめという あまりにも大きな枠組みでもあり、一個人としては法律順守の観点から従わざるを得ません。 が、一番の懸念であった 「作者の没後 50年を経て既に権利が消滅したが 没後 70年未満である楽曲の権利の復活はない」 とのことで、例えば 山田耕作 (1965年没) の作品など 歌曲・童謡の多くを削除しなくて済む点では、当サイトにとっては 一安心ではありました。

  ...ただ、当然ながら、例えば 山田耕作の作品が没後 50年の 2015年に権利が消滅したのに対して、例えば 海沼實 (1971年没) の作品については 没後 70年の 2041年まで権利が生きる分けで、「里の秋」、「みかんの花咲く丘」 などの作品については 残念ながら掲載アキラメの心境です。 ...いや、そもそもが私が著作権料を払えば済む単純な話ではあるのですが、人々に聴いてもらえているのか分からない当サイトのような MIDI演奏の曲や、ほとんど知られていない曲についてまで 1曲につき年 1,000円もの大金 (?) を払い続けるなど、(言い過ぎかも知れませんが) 無駄金 (?) を捨てるような気を持ちながら Upする気にはなれません。

  さらに ごく最近になって、著作権違反の作品と知っていながら ダウンロードすること自体にも法の網をかけることになりそう (ただし よほど目に余るような場合) とのこと。 ...親の犯罪など不始末の責任を子に負わせないことを当然とする社会で、孫子の代まで収入の恩恵にあずかれるという矛盾、そして知る人もほとんどなく金銭的な実害など ほぼゼロで、相続された場合などの権利者を探すことさえ容易ではない作品にまで法的手続きなしで使用したら、罰せられないまでも "違反"の レッテルを貼られる利用者側の不安感。 "文化" の自由な側面にも "規制" は必要ではあるものの、権利者寄り、一律規制的、..等が感じられてしまいます。

 "張る" と "貼る"  2019年 4月 1日

  昨年12月のこの "ひと言" で書かさせていただきまたように、Yahoo! Geocities の 3月末閉鎖に伴い、本日 当サイトの URLを正式に変更しました。 お手数ですが、当サイトに リンクを張られている方には、リンク先URLを新URLに変更していただくようお願いいたします。

...ということで今日は、そのことに関連した "リンクを 張る" という言葉についての ひと言を、たまたま 放送開始 1周年で人気急上昇中の NHKの番組の「チコちゃんに叱られる」を真似て、...。

「ねぇねぇ岡村、ホームページで 見たい頁へすぐに飛んで行けるように設定することを なんて言う?」、「リンクをはる、...でしょうかね」、「じゃぁ "はる" っていうのはどういう字を書くの?」、「えっ、....そのー、飛んで行く先の住所、っていうか、URLをいちいち文字入力するのに難儀しないように、その文字をどっかに貼り付けておくっていう意味で、"貼る" じゃないでしょうかねぇ。"コピー&ペースト"、略して "コピペ" って言うじゃないですか。その "ペ"、つまり "ペースト" ですよ。 ...いや、"張る" っていう文字も見たことがあった気がしたなぁ」、「..だとしたら、じゃぁ なんで "張る" って言うの?」、「う〜む、あのー、...」、...「ぼーっと生きてるんじゃねーよ !!」。 「この際 全ての日本人に問います。"リンクをはる" の文字も意味もよく知らないままに、クリックひとつで あちこちの頁へ飛んで回っている日本人のなんと多いことか」、...「正解は "蜘蛛の巣" でした〜」。

まぁ、こんな末梢的なことがこの番組に載ることはないでしょうが、...今でも URLの多くに "www" の文字が入っているように、インターネット成り立ちの当初、それを蜘蛛の巣になぞらえて "World Wide Web"、つまり "世界規模の蜘蛛の巣" という言い方をしたところから、日本では そうした蜘蛛の巣を "張る" という言い方が始まったものです、よね。...私自身知ったかぶりして言ってますが、この記述は正確なのかどうか?、私の方が チコちゃんに叱られそうで心配です。

 令和 元年  2019年 5月 1日

  今日、 "令和"、"令和元年" が スタートしました。 先ずは、この時代が平和で、さらに将来に向けて希望の持てる時代であってほしいものです。

  ...昨日から今日にかけての テレビ番組は、予想通り どの局も 天皇の業績や皇室行事、そして平成という時代の振り返りなどで溢れていて、一昨日の NHKの夜7時の ニュースの冒頭では、アナウンサーの 「皆さんにとって "平成" という時代はどういう時代であったでしょうか?」の問いで始まっていました。 ..."そもそも 西暦があれば元号はいらない" とか "時代で区切って ものを見ることの意味を感じない"、さらには "時代にレッテルを貼った見方は安直" などと言われる方もおられましょうし、それも もっともとも思われますが、大方の日本人の感覚からすれば、単に文化面に留まらない大きな意味をもつものではないでしょうか。

  例えば、西暦2000年頃、やはり NHKの番組で 「映像の世紀」 という番組がありましたが、そこで 「20世紀は "戦争の世紀" であった」 と、第1次・第2次世界大戦をはじめとする戦争の実写記録などを放送していましたが、これなどからすれば、元号に限らず年次の大きな節目ごとに レッテルを貼って見る見方は、多分外国でも 記憶を鮮やかに思い起こさせるなどの意義は少なくないと思います。 ...  "文明開化の明治"、"大正ロマン"、"昭和レトロ" などという言い方も、それなりの場面で使われることで得られる共感性は大きいものがあり、それだけ元号は 日本人の感覚に根づいているものと言えるでしょう。

  当サイトでは、クラシック音楽中心であるところから、作曲者の生没年など 西暦表示が基本ですが、私自身元号で表す方が ピンとくることもあって、日本人 あるいは日本に関連した部分では カッコ書きで 元号表示をするようにしております。 中には日本とは直接関係のないものでも、例えば ドビュッシーの 「牧神の午後への前奏曲」 などで "1892 (日本では 明治25) 年" などと記していますが、それは 同時代の東西文化の違いや相互の影響などへの想像を広げる手がかりにし易いように思えるから、という積りのものです。

 サブスクリプション  2019年 6月 1日

  近年、"サブスクリプション" という言葉がよく聞かれるようになってきました。 その意味は、Net上の "コトバンク" によると、「消費者が財やサービスを購入するに当たって、具体物としての財の数やサービスの量、回数ではなく、それらを一定期間利用したり享受したりする権限の提供を受け、その資格を期間中保持することに対して対価を支払う契約のこと」とありました。

  ...狭義 というか元々は "定期購読" あるいは そうしたものを意味していたようですが、今や "電話かけ放題"、"ドラマ見放題"、音楽聴き放題" などに始まって、カー・シェアリングや 高級ブランド品や ファッション品の取替え放題、さらには "家も買わずに借り続ける方が得" の考え方など、広義に捉えればあらゆる分野への広がりを見せつつあるようです。

  思えば もう何十年も前から "所有と利用の分離" という言葉は、企業資産や活動の効率化に始まって個人レベルの問題としても言われ始めていましたが、それが Net社会の進歩によって いよいよ本格化してきたということなのでしょう。

  高い買い物をした物が タンスの中や 書庫、車庫などに眠っている時間の多さを思うと、消費者、企業、さらには国家レベルから見ても有効活用につながる、将に ウィン・ウィン・ウィンへの道であり、今後ますます広がっていくものとは思います。 が、一消費者としては、損得勘定もさることながら、自分にとって本当に持っておきたいものは何なのかを 真剣に問う必要がありそうですね。



前 半 期 (2018.下)
初 期 (1996.下)    ひと言 トップ    ト ッ プ

★ Copyright (C) 1996.9.5. - Ikemy (Japan) : All Rights Reserved ★