タイトル

 2019年 7月 〜 12月 の 今月のひと言 .

 チェンバロか ピアノか  2019年 7月 1日

  1年位前に、かねがね MIDI演奏を作りたいと思っていた バッハの 「イタリア協奏曲」 の楽譜を買い、その第1楽章を作りましたが、ここへきて自分の作ったそれを聴いてみると今ひとつ面白さが感じられません。 メリハリにかけるため溌溂さといったものが足りないように思います。

  この曲は "協奏曲" と言っても チェンバロのために作られた曲であり、当然のことと思って MIDI の楽器も チェンバロにしていたのですが、ご承知のように この楽器は基本的に音の強弱(表情、Expression)の出せない 古い楽器であり、MIDI では いくらでも出せるとはいえ、楽譜にも表情記号もないことでもあり、チェンバロの演奏に ピアノに近い表情をつけることの不自然さは免れません。

  思えば私が持っている カール・リヒターの チェンバロの演奏も彼の演奏にしては物足りなさがあり、一方で YouTube に数多く載っている ピアノ演奏を聴いてみると、程度の差はあれ 全体に やはり曲が活き活きとしています。 そこで私の演奏も ピアノに替えることにして、音程の高低に合わせて音量を大小させる程度の表情づけの作業をしましたが、それにより みるみる曲が生きてきて、あらためて バッハ作品の凄さはもとより、MIDI でのこうした作業過程の醍醐味を感じました (ピアノ演奏版)。

  バッハの音楽に この時代にはなかった ピアノを使うことに不自然さを感じることもないではないものの、また 懐古的な雰囲気も大事にする必要はあるものの、多くの演奏が ピアノで弾いているように (チェンバロを持ってる人が ほとんどいないせいもあるのかも知れませんが)、あらためて時空を超える芸術として音楽を捉えることの大切さを感じた次第です。

 チンドン屋  2019年 8月 1日

  先日、バスに乗っていたところ、終点の駅近くで その バスが チンドン屋さん (参照: ウィキペディアを追い越して行きました。 なんと珍しい ! ....子供の頃、時代がかった派手な衣装で、太鼓、鉦、クラリネットか サキソフォン、三味線などで大きな音で、開店したばかりの パチンコ屋などの前、そして街中を開店を宣伝して練り歩く チンドン屋をよく見かけたものでした。

  が、大人になってから すっかり その姿を見かけることもなくなり、多分今の若い人達には 「それって何を売るお店?」 という人も少なくないのではないでしょうか。 バスを降りても遠くを練り歩いている姿が見えましたが、人数は 3人で、確か鉦・太鼓の一人は 旅回り一座に出てくるような侍風、あるいは ヤクザ風、三味線の一人は芸者風、もう一人の サキソフォンは ピエロのようで、全体として 昔と同じように ド派手な、そして 敢えて チグハグさが目立つような恰好で、...音も大きいためよく聞こえましたが、その曲は最近の歌の 「涙そうそう」で、「なるほど、今はそういう時代なんだ」と思いました。

  私の知ってる頃の曲は、例えば サーカスなどでお馴染みだった 「天然の美」 とか、一世を風靡していた流行歌の「お富さん」などで、それからすれば、やはり "歌は世に連れ、世は歌に連れ" で変化していくのは当然ですが、その日は たまたま また暫く経ってから 遠くからその音が聞こえてきた時のその曲は、なんと! ビートルズの「ミシェル」で、そこまでいくと、一層 ヒッチャカメッチャカな チグハグさに むしろ感動さえ覚えました。

  家へ帰ってから 「チンドン屋」で Net検索してみると、明治以降の古い歴史の中で大きく盛り上がって衰退したこの分野でも、今、新しい試みも生まれてきているようで、これも大事にしたい昔からの日本文化のひとつという気がしましたし、今後 "和製コスプレ・ストリート・ミュージシャン" とでも言って盛り上げていけるような気もしました。

 アルヒーフ・レーベル  2019年 9月 1日

  もう 12年も前になりますが、"ロンドン・レーベル" の レコードについて、その優れた音を称えた一文を書きましたが、アルヒーフ・レーベルについてもそれを上回るものがあると思い、ひと言。

  このレーベルは、ドイツ・グラモフォンの社内に置かれた音楽史研究部門として1947年に立ち上げられたもので、先日 Netで検索していたら、「圧倒的な質・量で古楽・バロック音楽を牽引してきた名門アルヒーフ」の記述、また別の記述では 「もうめちゃめちゃ硬派で学術的で、外見は全く飾らず、しかしてその内容は豪華絢爛という、世俗を超越した孤高のレーベルでありました」 とありました (写真: 左は セット物の、右は 1枚物の、レコード・ジャケット <拡大>)。

  "外見は全く飾らず、しかしてその内容は豪華絢爛" に関しては全くその通りで、私も バロック音楽の レコードをあさる時には、先ず アルヒーフ・レーベルの中から見ていったもので、今でも ヘルムート・ヴァルヒャ演奏の バッハ:「トッカータとフーガ」 をはじめとする、数十枚の レコード (カール・リヒターの バッハ:「マタイ受難曲」 については一組だけ CD) が手元にありますが、演奏はもちろん、録音の質の高さは今の ハイレゾ を凌ぐと言っても過言ではないくらいだと思っていますが、文字だけ、あるいは文字の多い、いわば素っ気ない レコード・ジャケットが そうした品格をもたらしているような気がします。

  昭和40・50年当時、"アルヒーフ友の会" などもあったそうで、その後 CDの時代となってからは そうした特徴が霞んできて 友の会の方も消滅したそうですが、私の手元にあるのこの レーベルの レコードは 今では貴重な遺産と言えそうです。 ...特に アナログの レコードに拘る オーディオ趣味 の バロック音楽ファンなどにとっては、その いい音をより良く引き出すことに 今でも血道を挙げ続けているのではないでしょうか。

 ハラリ氏の警告  2019年 10月 1日

  9月8日の 朝日新聞が 「歴史学者; ハラリ氏の警告」の見出しで、「AI(人工知能)支配、大半が "無用者階級" に」と、 イスラエルの歴史学者、ユヴァル・ノア・ハラリ氏の論述を紹介していました。 私はまだその著作を読んでいないため、この新聞記事でしか伺えませんが、今後 10〜20年の間に人類が直面する課題として、核戦争を含む大規模な戦争、地球温暖化、そして AIなどの破壊的な技術革新、の3つが挙げられ、「20年待つと、多くの国が米国か中国の植民地になる」とさえあります。

  ...この "AI支配、大半が 無用者階級" に話を絞って捉えてみても、近年、既に各企業は 第2次産業を 中国、ベトナム、ミャンマーなどへ、第3次産業についても 日本でも 正規社員から 準社員へ次々に シフト。 さらには 第4次産業も 技術革新によって無人の システムを構築しつつあり、その延長線上で "シンギュラリティー (AIが人智を上回った状態)" に至った中では、例えばその記事の見出しにある "銀行員でさえも絶滅危惧種" の事態が予見されるとも言えそうです。

  今や "シンギュラリティー" は 目前のことでもあり、一方で 「計画経済や専制的な政府は 民主的な政府よりも、世論操作の面で技術的な優位性を持つ可能性がある」 と指摘しており、これなども既に多くの人が感じていることではないでしょうか。 ...その本を売ってる書店を探しているんですが、早いとこ 買って読まなくっちゃ、です。

 さざれ石  2019年 11月 1日

  今将に日本で行われている ラグビー・ワールド・カップも大成功のうちに閉幕を迎えようとしています。 10月20日に惜しくも ベスト8止りで敗退した日本代表の選手達が、その前の 7月17日、1ヶ月にわたる宮崎合宿の グランド練習を終えた最終日、バスで 1時間あまりの場所にある日向市・大御神社 (おおみじんじゃ) にある "さざれ石" を訪れ、"君が代" を歌った、との新聞記事を見ました。

  細かい石が凝縮されて 大きな岩に成長し、苔も蒸すほどになる、...言うまでもなく 我が日本の国歌にある歌詞です。 私などは ひと口に "将にこうした場に相応しい、結構なことじゃないでしょうか" と思いますが、外国紙には、一部の意見かも知れませんが、"外国籍の選手も数多く居るのに、心の押し付けが酷い" との コメント。

  「それはないんじゃないでしょうか !、"ワンチーム" を目指して、他の国の選手も日本のために 将に "一岩" となって努力してきたものを、...」。 確かに、人種の違いによる 互いの違和感とか "国威発揚" などは、長期的な方向としては トーン・ダウンへ向けて進むべきか とも思いますし、より広い心で迎えるべきとは思いますが、"日本のために集まってくれた(?) 意図" の方を 素直に大事にしたいものですね。

 倒れました  2019年 12月 1日

  この 10月中旬、突然倒れました。右半身不随の状態で救急車で運ばれて入院、そして 手術。...学生時代に盲腸炎で入院以来、手術などとは縁がなく過ごしてきた身としては一大事というべき事態ではありました。

  今のところ 半身不随も、お陰様で左右遜色ないほどに回復し、あらためて医療システムの進展には目を見張るとともに、敬服させられるものがありました。 一方で病院の中では、これまで使えなかった Free の Wi-Fi が使えるようになっていて、我が ホーム・ページも 大きな遅滞もなく継続できました。

  ただ今後に目を向けると、これまでの 3週間に1度の ペースを基本に 新曲を Upし続けることは難しいかも知れません。 この ペースを維持できるような方向で、ただし "不定期Up" の方を基本としたいと思っております。 そしてこれまで メールをいただくなどしていた方々へ新曲Upの 1週間前にお送りしていた ご案内のメールも、新曲Upと同時とさせていただこうと思います。 それから、当サイトとは直接の関係はありませんが、来月投函予定の年賀状も多分無理でしょう。 ...いろいろペース・ダウンすることになりますが、よろしくお願いいたします。



前 半 期 (2019.上)    次 半 期 (2020.上)
初 期 (1996.下)    ひと言 トップ    ト ッ プ

★ Copyright (C) 1996.9.5. - Ikemy (Japan) : All Rights Reserved ★