城ヶ島の雨

 

城ヶ島の雨  (梁田 貞 作曲)

Jogashima no Ame (Yanada)

(マンドリンとギター、2'32"、MP3 : 2.3MB)
(写真は 神奈川県三浦市: 城ヶ島にて)

    雨は降る降る 城ケ島の磯に、 利休鼠 (りきゅうねずみ) の 雨が降る、 雨は真珠か 夜明けの霧か、 それとも私の忍び泣き。
      舟は行く行く 通り矢の端 (はな) を、 濡れて帆揚げた 主 (ぬし) の船、 ええ、 舟は櫓 (ろ) でやる 櫓は唄でやる、 唄は船頭さんの心意気。
        雨は降る降る 日は薄曇る、 舟は行く行く 帆がかすむ。
 
 1910 (明治45、大正元) 年、北原白秋 (1885-1942) が隣家の人妻との不倫事件で投獄され、その女性と城ヶ島で詫び住いしている中で 1913 (大正2) 年に作った詞に、梁田 貞(やなだ ただし) (1885-1959) が音楽会に間に合わせるためにわずか 2日の間に作曲した歌曲です。 なお その初演となったその音楽会では梁田自身が歌ったそうです。
 
 4分の3拍子。 この編曲では ニ短調で、中間部で ニ長調。 いかにも雨にたたられたように湿っぽく始まりますが、それだけに中間部の晴れやかさが冴えていて、そこでは 勇壮、スケール感、粋、そしてゆっくりしていながら スピード感のようなものも感じられ、声量のある歌手が歌うと、将に日本の カンツォーネといった雰囲気があるように私は思います。 そしてそれがまた、最後の哀感を引き立てています。
 
 昔、湿っぽいだけの歌だと思って冒頭だけしか聴いてなかった私は、ある時、中間部まで聴いた時に一転して評価が変わり、さすが名曲と思うようになりました。 特にその中間部の 「舟は行く行く...」 は、今でも 頭の中で大声を出したつもりで歌っただけでも すっきりとした気分になります。
 
 なお当サイトには 「夏は来ぬ」 など 他の日本の唱歌 も Upしてありますので、お聴きください。