海 の 向 う

ハワイ:マウイ島より望む景色
 

海 の 向 う (池宮 英夫 作曲)

Umi no Mukou (Ikemiya)

(マンドリン・アンサンブル (Mandoln1.2,Mandola,Guitar)、2'40"、MP3 : 2.5MB)
(写真は ハワイ:マウイ島より望む景色)

 1. さんごじゅの 花が咲いたら、咲いたらと いつか思った、さんごじゅの 花が咲いたよ。
 2. あの島へ 漕 (こ) いで行けたら、行けたらと いつか思った、その島へ きょうは来てるよ。
 3. あの白帆 どこへゆくだろ、あの小鳥 どこへゆくだろ、あの空は どこになるだろ。
 4. 行きたいな あんな遠くへ、あの海の 空の向うへ、今度こそ 遠く行こうよ。

  北原白秋 (1885-1942) のこの詩には既に 山田耕作が曲をつけていますが、この演奏は 池宮英夫が曲をつけたものです。 ト長調、4分の3拍子。
 
  この詩は 1927 (昭和2) 年に 「赤い鳥」 に発表されたそうですが、当時の多くの人が抱いていたであろう未知の明るく広い世界へのあこがれに満ちていると思います。
 
  なお当サイトには 「さらさら川」 など 他にも 池宮作曲の歌 を Upしてありますので、お聴きください。