Lascia Ch'io Pianga

from "Rinaldo"

ロンドンにて
 

歌劇 「リナルド」 より 「涙の流れるままに」  (ヘンデル作曲)

"Lascia Ch'io Pianga" from from "Rinaldo" (Händel)

(マンドリンと チェンバロ、2'55"、MP3 : 2.7MB)
(写真は ロンドン: バッキンガム宮殿横の並木道)

  没後 250年の ヘンデル (1685-1759) のこの歌は、近年 サラ・ブライトマンの歌によって ますます ポピュラーなものになってきました (2009.10.17.記)。 「私を泣かせてください」 の タイトルの方が知られていて、彼女の CDもこの タイトルで出ていますが、ここでは 私の勝手な好みで NHKテレビの 「名曲アルバム」 などで使っている 「涙の流れるままに」 の方で載せさせていただきました。
 
  この歌は 1711年に初演され大成功を収めた歌劇 「リナルド」 の中で、十字軍の将軍の娘 アルミレーナが、彼女に言い寄る エルサレムの王を拒み、騎士 リナルドへの愛を貫いて、「私を一人で泣かせてください、残酷な運命に溜息をつかせてください、失われた自由に。 私の悲しみの鎖を打ち砕くは哀れみだけ。」 と涙ながらに訴える アリアです
 
  ヘ長調、4分の3拍子。 重いながらも気高さを保ったこの歌は 「サラバンド」 や 「オンブラ・マイ・フ」 などと同じく、さすが ヘンデルならではのものがありますね。
 
  なお この曲の 女声コーラス版 もありますので、お聴きください。