Pearl Fisher

ハワイ・モロキニ島にて
 

真 珠 採 り  (原曲:ビゼー)

Pearl Fisher  (Bizet)

(マンドリン、ギター、オーケストラ、3'16"、MP3 : 3.0MB)
(写真は ハワイ・モロキニ島にて)

 原曲は ビゼーの 歌劇 「真珠採り」 の 第1幕での アリア 「耳に残る君の歌声」 で、アルフレット・ハウゼ楽団の 「真珠採りのタンゴ」 が かつて 一世を風靡したものですが、この曲も同じように タンゴで編曲しています。
 
 イ短調。 この曲には、海の中の神秘的な雰囲気を思わせるような メロデイーが タンゴの リズムで熱を帯びてくるといった独特の印象があると思いますが、そうした雰囲気を醸し出すには マンドリンの トレモロ はうってつけではないでしょうか。 なお最後の波の音には MIDI上の楽器にある "123 : Seashore" を使いました。
 
 「アマポーラ」 や 「ラ・パロマ」 でも マンドリンと ギターで演奏を スタートさせましたが、この曲でも同じように扱っています。