Pearly Shells

 

パーリー・シェル (真珠貝の歌)(ハワイ民謡)

Pearly Shells  (Hawaiian Folk Song)

(ストリングス・マンドリン・ギターの合奏、2'37"、MP3 : 2.4MB)
(写真は ハワイ・オアフ島: ワイキキ・ビーチ付近の景色 <スライドショー

  ビリー・ヴォーン楽団の演奏や パット・ブーンなどに歌われて知られるこの歌は、そもそもが古い ハワイ民謡だそうで、カラーカウアの時代 (1874-1891、日本では明治 7-24) の合唱コンテストで歌われたのが広く知られた最初だそうです。
 
  変ロ長調 (B♭)、4分の4拍子。 青い海と 浜辺に打ち寄せる穏やかな波、そしてそれらを背にして踊られる緩い フラダンス、などが目に見えるような、将に "天国に近い" と言われる 南洋の島を想わせる曲ですね。
 
  本来なら スチール・ギターや ウクレレなどで演奏したいところですが、私の持っている MIDIソフト では それらの音色を出すのは難しいので 割り切って マンドリン・アンサンブル演奏 (トレモロ譜) としましたが、一方で それをそのまま 自分達が奏く トレモロ譜ではない普通の楽譜にして ストリングスで演奏してみたところ、それも生かしたくなり、結局 それらを合体させた マンドリン・ストリングス・ギターの合奏とし、ギターを中央に、そして左側に ストリングス、右側に マンドリンを配しました。 なお 波の感じを出すために、音をすべらせる グリッサンド を多用しています。
 
  なお 当サイトには、雰囲気は異なりますが 同じ "真珠" を題材とした「真珠採り」 も Upしてありますので、そちらもお聴きください。