Overture "Renata"

ギリシャ : サントリーニ島
 

序 曲 「レ ナ ー タ」 (ラヴィトラーノ作曲)

Overture "Renata"  (Lavitrano)

マンドリン・アンサンブル、8'59"、MP3 : 8.2MB)
(写真は ギリシャ : エーゲ海 : サントリーニ島 <スライドショー>)

 中間部の、穏やかで甘美な メロディーが印象的かつ魅力的なこともあって、多くの マンドリニストに愛され、演奏会などで最も多く取り上げられる曲のひとつです。 なお "レナータ" とは 16世紀に生きた、ルイ12世の王女の名前と聞いていますが、この中間部の印象からすれば、彼女は 立ち居振る舞いも含めて 多くの人から憧れられた絶世の美人だったのではないでしょうか (?)。
 
  ハ長調、4分の4拍子の アレグロ・ヴィヴァーチェ で、海の嵐といった波瀾の様相で始まり、それが静まると、一転して マンドリンならではの甘美な "ロマンス・アンダンティーノ" と記された 4分の3拍子の上記の中間部に入ります。そして再び アレグロ の激しい様相に戻ります。 なお、楽譜に記されている テンポは、冒頭で 164、中間部の 4分の3拍子の所で 64 ですが、ここでは各々 168、68 と、やや早めに奏いています。

 この曲は当サイトを オープンした 1996年9月5日の 初回掲載曲 の トップに Upした曲ですが、その時以来、マンドリンを ストリングスで代用して演奏 していたものを、本来の マンドリンの トレモロの演奏に作り替えたものです (2014.7.5.記)。
 
  なお ラヴィトラーノ の作品では、「ローラ」 および 「」 も Up してありますので、そちらもお聴きください。