Prelude Sinfonico

 
雲上のスイス・アルプス
 

交響的前奏曲 (プレリュード・シンフォニコ)  (ボッタキャーリ作曲)

Prelude Sinfonico  (Bottacchiari)

(マンドリン・アンサンブル曲のストリングス演奏、11'29"、MP3 : 10.5MB)
(写真は 雲上のスイス・アルプス <スライドショー>)

  原題の 「プレリュード・シンフォニコ」 で載せている プログラムもありますが、この曲は マンドリン音楽の分野はもちろん、ジャンルを超えた、とっておきの名曲で、かつ大曲であり、スケールの大きさがかえって孤独感を引き立てている曲だと思います。
 
  ハ長調、ソナタ形式。 冒頭、静かに浮き上がってくる第1主題が盛り上がって飛翔した後、小さな渦巻きを伴いながら現われ力を増してくる第2主題 (この演奏で 1'53"〜)。 それらが、侘しさ、恨めしさ、痛ましさ、懐かしさ、諦め、許し、憧れ、希望、決意、 .... "極地をさ迷う孤独な魂" とでもいったら良いのでしょうか、ほの白く冷たい空間に浮かんでは沈み、走っては佇み、熱っしては冷め、心の葛藤を繰り返しながら、限りなく寂しくかつ限りなく美しく、連綿と展開していきます。
 
  ...と言うわけで、"一人で暗い部屋で ヘッドフォンで ボリュームを上げて聴いていただくと良い" といった曲です。
 
  なお ボッタキャーリ (1879〜1944) の作品では、無伴奏マンドリン・ソロ曲の 「岸辺に立ちて」 も Up してありますので、そちらもお聴きください。