Tango Flamenco

グラナダ:アルバイシン地区
 

タンゴ ・ フラメンコ (フォルテア作曲)

Tango Flamenco  (Fortea)

(ギター・ソロ、2'19"、MP3 : 2.2MB)
(写真は アルハンブラ宮殿から見下ろした グラナダ・アルバイシン地区)

  一口に ご機嫌で 楽しい曲と言えると思います。 タンゴにしても フラメンコにしても情熱的で思いつめたような曲も多いのですが、この曲は 明るく陽気な国民性の国の音楽という感じで、そうした意味での郷愁のようなものも感じられるような気がする曲です。
 
  ダニエル・フォルテア (1882-1953) は ベンリョーク (スペインの ヴァレンシア近郊) に生まれた、タルレガ門下の ギタリストです。
 
  イ長調、4分の2拍子、アレグレット で、3連音が多用されることによって、速く、あるいは ゆったりと舞うような変化のある面白さを感じさせるものとなっています。