Violin Concerto in Am

マンドリンとオーケストラ
 

ヴァイオリン協奏曲  イ短調  (ヴィヴァルディ作曲)

Violin Concerto in Am (Vivaldi)

第1楽章 アレグロ

(独奏マンドリンと弦楽合奏、3'09"、MP3 : 2.9MB)

 
第2楽章 ラルゴ
  
第3楽章 プレスト
 
  ヴィヴァルディ (1678-1741) の 協奏曲集 「調和の霊感」 の 第6曲。 彼の 約 450曲もある 協奏曲の中で ヴァイオリンが主役のものが 約 300曲。 そうした中でもこの曲は最も ポピュラーな曲で、特に第1楽章などは子供の頃から ヴァイオリンを習ったことのある方は必ず演奏したことがあるのではないでしょうか。
 
  この 第1楽章は イ短調、4分の4拍子。 楽器編成は ソロ・ヴァイオリン (ここでは マンドリン) に、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、バス。 6回の トゥッティ (ソロと伴奏の総奏) の間に5回の ソロがはさまれる リトルネルロ形式。 冒頭の憂いをもったような有名な旋律に始まり、技巧的に音が細かくなって、活き活きと進行していきます。